【B-3】16:45-17:30

愛されるインフラエンジニアになろう!
クラウド時代の今、インフラエンジニアはDevOpsをどう捉えるべきか

概要

クラウド時代となり、総合的なスキルが必要とされる時代となってきてます。
そんな中、開発と運用が連携してリリースサイクルを加速させる概念として「DevOps」が注目されています。

もちろん、開発と運用の歩みよりも必要だが、DevOpsだけ意識するのではなく、
ユーザーがやりたいことを実現させるための運用「DevOps + User experience」が重要です。

本セッションでは、東阪そして北海道に計5ヶ所のデータセンターを保有しています
さくらインターネットの高橋氏ならではの観点で、DevOpsを取り上げ、今後インフラエンジニアに 必要となる要素についてお話しいただきます。

★ 本セッションご参加の方で、さくらインターネットのアンケートに回答いただいた方全員に「さくらのクラウド」の2万円分の無料チケットを差し上げます

講師紹介

さくらインターネット株式会社
執行役員 運用部 部長 高橋隆行氏

2006年5月にさくらインターネット株式会社に入社。
これまで運用部門に従事し、現在は部門責任者としてデータセンターの運用を統括しております。

会場

1階 ホール

定員

70名