【C-3】16:45-18:00

~二足歩行ロボットから得られる技術とは~
ITエンジニアが触れて感じるものづくり

概要

専門性が追求される「ものづくり」ですが、3Dプリンタやロボットなど、以前に比べて身近に触れることができるようになりました。そして、これまでのコーディング経験を活かして「ものづくりエンジニア」に転身された方や、趣味で工作をはじめているうちに「ものづくり」を仕事にしていく方も増えてきているのではないでしょうか。

本セッションで、ITとは無関係のように思えたものづくりの「いろは」を、ロボットの操縦から学びませんか。どのような工程でロボットが動くのか、実際にどのようなプログラムを組み合わせになっているのか、オリジナルのモーションを作る体験型セッションです。

IT・ものづくり・クリエイティブの掛け合わせによって、新しい技術や製品、サービスが誕生する可能性を秘めているのではないかと思います。これまでのエンジニアの経験を、ものづくりに活かせる可能性を探りませんか。

講師紹介

株式会社パソナテック 
東日本エンジニアリンググループ長 加藤 武

工学部電気電子工学科を卒業後、4年間自動車部品開発請負の技術営業を担当。2004年からはパソナグループ内にて、「機械・電気電子・制御ソフト」分野における技術者特定派遣事業、人材紹介に係わる技術社員採用、技術営業を担当。同時にデジタルカムコーダの画像LSI開発や遠隔医療システム開発の請負営業担当を3年ほど担当。

会場

9階 Gルーム

定員

22名